読書する男性

セクキャバを訪れる時の服装

Tシャツに短パン姿でもOK

京橋セクキャバを訪れる上で気になるのが服装について。ドレスコードがあるのかどうか、普段着で入れるのかどうか不安になったことがある人もいるはず…。京橋セクキャバは特にドレスコードはなくTシャツに短パンにビーサンといった非常にラフな服装でも入店可能です。ただドレスコードがないとは言え不潔すぎる服装や上半身が裸など一般常識の範囲外となると入店拒否されることもあります。

清潔感は保とう

京橋セクキャバに行く前に京橋駅前の居酒屋でお酒を楽しんだり焼肉を食べてからお店へ向かう人も多く、焼肉の香りがしたり揚げ物の香りがしたりするのは仕方がないことです。が、夏にたくさん汗をかいて汗を拭かずにそのままセクキャバで遊ぶのはマナー違反だと言えます。女の子と肌が触れ合ったりするのに、汗をかいているとお互いにちょっと嫌な気持ちになってしまう可能性が高いためです。セクキャバ嬢としても、汗かいてそのままのお客さんよりは、汗を拭いて清潔感のある状態のお客さんのほうがサービスしたいと思えるのではないでしょうか。

スキニージーンズはオススメしません

セクキャバでは女の子とチュウして楽しんだり、おっぱいを揉み揉みしたりと、好みのそそる女の子と出会うとどうしても息子が元気になってくることが…。そんなときにスキニージーンズを履いていると、普段以上に即わかり状態になります。セクキャバではヌキはサービスとしてないので、そのままの状態で京橋の街中を歩くのも格好悪いですしましてや電車など乗れません。幸い京橋のセクキャバのまわりには風俗もたくさんあり、セクキャバからのピンサロなどでヌキをする予定であればいいかもしれませんが、できればちょっとゆったりとした服装で訪れたほうが視線を気にせずに楽しめるのではないでしょうか。